ハサミの種類と剪定を行なうタイミング~効率よく簡単にすすめよう~

自分で剪定を行なう前に正しい知識を身につけましょう。 自分で剪定を行なう前に正しい知識を身につけましょう。

自分で行なうなら正しい知識を身に付けよう

剪定

庭の植木の剪定や、庭の雑草対策をするにはその目的に合わせた、専用のハサミを使用する事が大切です。ここではどんな種類のハサミがあるのか、作業を行なうタイミングをご紹介します。

剪定に必要なアイテム

木バサミ
この木バサミは、種類が多くあります。そのため、自分にあったものを購入するようにしてください。選ぶ基準としては、適度に重みのある使いやすいものを使用するとスムーズに剪定できます。ホームセンターなどでは、安い木バサミを販売していますが、安全に庭の雑草対策をするためにも安さより使いやすさを重視するとよいです。
刈り込みバサミ
無駄な枝を一本ずつ切り落とすのではなく、全体的に形を整えるために使うハサミです。太い枝を切るのには向いておらず、枝が比較的細いサツキの樹木などを剪定する時に使います。このハサミは、刃が長めのほうが使いやすいとされていますが、個人によって使いやすさに差が出ます。そのため、自分が使いやすいと思うものを使いましょう。
剪定バサミ
剪定ハサミと他のハサミとの大きな違いは、グリップの部分にバネが内蔵されている事です。より早く、より楽にという主旨で発達したハサミなので、女性が使いやすいハサミとなっています。そのため、太い枝でもあまり力を使うことなく簡単に切り落とすことができます。

手入れするタイミングは

剪定をするタイミングは、新たに芽が生える前やある程度生長が落ち着いた頃に行なうとよいです。また、剪定がしやすいように、枯れ葉が落ちた頃に剪定するとスムーズに作業ができます。しかし、木の種類によって剪定するタイミングが異なるので、タイミングに合わせて行なうようにしてください。それから、庭の雑草対策も併せてすると今後のお手入れが簡単になります。 庭の雑草対策は、冬に行なうのが一番良いでしょう。夏に庭の雑草処理を行なうと、熱中症になる可能性があります。また、害虫なども増えるため、虫に刺される恐れがあります。ですので、夏は庭の木や花を育てるようにしてください。

TOPボタン